2008年11月13日

聖地巡礼記(12) 〜音楽の舞台を巡って〜



最近深夜番組を見ながらお弁当を作るのが日課の秋月です、こんにちは。

月曜日は23時からビバリーヒルズ高校白書
火曜日は23時からイタズラなKiss台湾版(先日終了)と、1時25分からSEX AND THE CITY
木曜日は11時55分からロケみつの関西縦断ブログ旅
土曜日は23時10分からファン・ジニと1時20分からアグリー・ベティ

うーん、こんなんだからいつも寝不足になるのかも(^▽^;)
ビバヒル白書はやっぱり昔良く見てたのですが、やっぱりこの高校時代の頃が、
一番面白いですね。
大好きでよく見ていたのですが、ブレンダがいなくなってから
段々グダグダになっていって、いつの間にか見なくなっちゃったんですよねー。

そんな懐かしい青春時代を思い出しつつ、聖地巡礼記の続きです。
今回は音楽の舞台を巡る旅をドゾー( ^▽^) っ




中欧のオペラ座


Germany1.jpg
ドレスデン(ドイツ)のゼンパー・オーパー(州立歌劇場)

Austria15.jpg
ウィーンフィルの本拠地でもあるオペラ座(国立歌劇場)

Austria16.jpg
ウィーンの市庁舎向かいにあるブルグ劇場

Slovakia1.jpg
ブラチスラヴァ(スロバキア)の国立オペラ座

Hungary1.jpg
ブダペスト(ハンガリー)の国立オペラ座

Hungary2.jpg
ブダペストの国立オペラ座内部


偉大なる音楽家達の住居


Austria6.jpg
ザルツブルグ(オーストリア)のモーツァルトの生家&記念館

Austria4.jpg
モーツァルトの生家がある旧市街の中心部・ゲトライデ通り

Austria5.jpg
生家の次の住居・モーツァルトの家

Austria2.jpg
ザルツブルグのマエストロ・カラヤンの生家

Austria3.jpg
生家の庭園にあるカラヤンの銅像。まさに「指揮棒は持ってるんデス!」


サウンド・オブ・ミュージックの舞台


Austria1.jpg
ザルツブルグの、マリアと子供達がドレミの歌を歌ったミラベル庭園


今回一番興味深かったのは、ザルツブルグにあるカラヤンの生家ですね。
以前の旅行で訪れたことがあるはずなのに、全く覚えていませんでしたが、
庭園の「指揮棒は持ってるんデス!」な銅像に思わず感激!

ぜひ千秋もこんな銅像が立てられるように、世界のマエストロ目指して、
頑張って欲しいものですw
posted by 秋月 楓 at 00:39| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。